GAiAオペレーティング・システム上でのチェック・ポイントのセキュリティ・システムの構築、変更、展開、トラブルシューティングについて学ぶ3日間の上級者向けコースです。ラボでのハンズオン演習では、ファイアウォール・プロセスのデバッグ、VPNパフォーマンスの最適化、管理サーバのアップグレードを行う方法を学習します。詳細については、コース概要をご覧ください。(英語)


コース概要

学習内容

  • セキュリティ・ゲートウェイと管理サーバのバックアップ
  • クラスタ化されたセキュリティ・ゲートウェイの構築、テスト、トラブルシューティング
  • 管理サーバのアップグレードとトラブルシューティング
  • セキュリティ・アクセラレーション・ソリューションの設定と保守
  • 企業のVPNトンネルの管理、テスト、最適化

必須要件

  • セキュリティ管理コース修了またはCCSA認定資格(R70以降)
  • Windows Server、UNIX、およびネットワーキングに関するスキルとTCP/IPの使用経験
  • 証明書管理とシステム管理

メリット

  • さまざまな導入シナリオを構築、テスト、トラブルシューティング
  • 内部向けのヒントを活用して、チェック・ポイントのセキュリティ・システムをトラブルシューティング
  • 高度なアップグレード手法を実施
  • クラスタリング・セキュリティ・ソリューションに移行
  • コンプライアンス・レポート用のイベントを作成
  • 企業リソースへのネットワーク内外からのアクセスを管理
試験情報

試験番号: 156-315.77

抑えておくべきポイント

  • チェック・ポイントの技術の概要
  • 導入プラットフォームとセキュリティ・ポリシー
  • トラフィックと接続の監視
  • ネットワーク・アドレス変換
  • ユーザ管理および認証
  • SmartUpdateの使用
  • アイデンティティ認識機能の実装
  • VPNトンネルの設定
  • セキュリティ管理上の問題の解決

必須要件

受験の準備

更新試験

更新試験番号: 156-915.77

抑えておくべきポイント

  • CCSE認定資格を取得済みの場合は、CCSE更新試験を受験すれば、時間を無駄にせずに現在の認定ステータスを維持できます。CCSE更新試験では、最新の製品に関する知識のみが要求されます。試験対策としては、CCSEのコース全体の受講、または同等の内容の自習をおすすめします。

必須要件

受験の準備