世界規模のランサムウェア攻撃により、約100か国、数万の組織で被害が発生

ランサムウェア攻撃は増加、悪質化する一方であり、ビジネスに与える影響は深刻化の一途を辿っています。世界規模で被害を広げる最新のランサムウェア「WannaCry」は、数あるランサムウェアの中でも特に厄介な存在です。ランサムウェアの機能に加え、ワームの機能を兼ね備えており、コンピュータからコンピュータへと感染を拡大するのです。WannaCryに感染し、データを暗号化された場合、Bitcoinで最低300ドル相当の身代金を支払わない限り、データを元に戻すことはできません。WannaCryは、短時間でネットワーク中に感染を広げるため、米国家安全保障局(NSA)からのハッキング・ツールの漏洩に伴い先ごろ発覚したWindows OSの脆弱性を悪用しています。

ただし、朗報もあります。チェック・ポイントのアンチランサムウェア・ソリューションは、すでにWannaCry攻撃に対応しています。

組織に対するランサムウェア攻撃を確実に防ぐためには、その特性や仕組み、検出および防御方法を理解しておく必要があります。このホワイト・ペーパーでは、次の内容について解説しています。

  • エンドユーザを標的にし、ネットワークに侵入するランサムウェアの手口
  • ランサムウェア攻撃の実例
  • ランサムウェア攻撃から組織を保護するベスト・プラクティス
レポートをダウンロードする

There were problems with your entries.
Please double-check the highlighted form fields below.









上記の内容でよろしければ「送信」をクリックしてください。

ご登録いただいた方には、チェック・ポイントからイベントのご案内などを送らせていただきます。なお、本Webサイトを通じてご提供いただく氏名・住所・電話番号・電子メールアドレス等の個人情報については、弊社のプライバシー・ポリシーに従って取り扱います。本Webサイトを通じて個人情報を提供された方は、弊社のプライバシー・ポリシーに同意したものとしてみなします。ご了承ください。

チェック・ポイントの個人情報の取り扱いについて