Check Point Capsule Workspace

業務用の電子メールやファイルなどの企業の資産にワンタッチでアクセスできるCheck Point Capsuleは、モバイル・デバイスで安全なビジネス環境を確立します。アプリケーションを業務用と個人用で切り分けることで、モバイル・デバイス上の個人用アプリケーションやメディア、コンテンツの機密性は引き続き維持されます。

概要

個人のデータやアプリケーションから業務データを隔離

  • 保護されたアプリケーション内で業務データを使用
  • 業務データのみを管理
  • 個人のデータやアプリケーションは別個に維持

業務アプリケーションのシームレスなセキュリティを実現

  • 業務メールやスケジュール、アドレス帳、文書、アプリケーションにワンタッチ・アクセス
  • あらゆるデバイスからの社内リソースへの安全なリモート・アクセスを実現
  • 業務データやアプリケーションを暗号化し、許可されたユーザのみがシームレスにアクセス可能

モバイル・デバイスからの業務データ漏洩を阻止

  • 認証設定により、業務アプリケーションへのアクセスを管理
  • リモート消去機能により、企業の機密情報を保護
  • root化、Jailbreak、または改ざんされたデバイスからのアクセスを検出、ブロック

詳細

データを業務用と個人用で分類

Check Point Capsuleでは、権限のあるユーザのみが、業務データが保存、管理、暗号化されている安全な環境にアクセスできます。業務用と個人用の両方のデバイス上で、ビジネス・リソースの安全な利用が可能になります。業務データは個人の情報資産から隔離され、モバイル・デバイス上の個人用アプリケーションの機密性は引き続き維持されます。


安全かつシームレスにアクセス可能

認証および暗号化された接続を通じて保護されているビジネス・リソースには、iOS搭載デバイスやAndroid搭載デバイスからリモート・アクセスできます。シンプルなタッチ式のボタンが用意されており、電子メールやスケジュール、アドレス帳、メモ帳、文書、Webアプリケーション、リモート・デスクトップなどのビジネス・リソースを安心して利用できます。


モバイル・デバイスからのデータ漏洩を阻止

業務用のアプリケーションやデータへの安全なアクセスを実現するため、Check Point CapsuleにはActive DirectoryやLDAP、RADIUS、RSA SecurIDなどの強力な認証オプションが用意されており、 企業は複数の方法から選択してデータを保護できます。モバイル・デバイスに保存されたデータは、一定期間を経過すると破棄されるように設定できるため、ローカルでアクセス可能なデータの量を制限することも可能です。また、紛失や盗難に遭ったデバイス内の業務データは確実に消去できます。

Check Point Capsuleは、root化またはJailbreakされたデバイスからのアクセスを検出、ブロックすることで増大するセキュリティ・リスクから企業を保護し、業務データの安全性を確保します。

仕様

モバイル・オペレーティング・システムのサポート
  • iPhoneおよびiPad—Apple iOS 7.0以降
  • Android 4.0以降

Check Point Capsule Workspaceでサポートされるアプリケーション
  • 電子メール
  • スケジュール
  • アドレス帳
  • メモ帳
  • ファイル・ リポジトリ
  • ファイル編集
  • Webベースの社内用業務アプリケーション
  • リモート・デスクトップ(WebSocketを使用)
電子メール、スケジュール、アドレス帳、メモ帳のサーバのサポート
  • Exchange Server 2007 SP2+、2010、2013でサポート
  • Office 365 Exchange Onlineでサポート
  • 「Exchange Web Services」プロトコルがベース
  • プッシュ型電子メールのサポート

認証オプション
  • ユーザ名/パスワード(AD/LDAP)
  • RADIUSチャレンジ・レスポンス
  • 内部CA証明書
  • RSA SecurID
  • DynamicIDによるSMS認証
  • 2段階認証

セキュリティ・ゲートウェイと管理機能のサポート
  • R77.10以降