Check Point Capsule Docs

Check Point Capsuleは、許可されたユーザに限定して文書へのアクセスを許可できるようにセキュリティを設定し、シームレスな保護を実現します。「誰」が文書にアクセス可能で、「どのような操作」を行えるかを指定できます。
Check Point Capsuleなら文書の移動先に関わらずユーザ設定のセキュリティが適用されるため、安全な共有が確保できます。

概要

文書の作成時にセキュリティを設定

  • あらゆる文書のセキュリティをデフォルトで設定できるため、意図せぬ共有を阻止
  • 許可された個人またはグループのみがアクセス可能
  • アクセス許可を得ている受信者が文書に対して行える操作を指定

社内外で文書のセキュリティを確保

  • パスワードが不要なため、文書にシームレスにアクセス
  • 文書を暗号化して機密性の高い業務データを保護
  • 情報漏洩のリスクなしに文書を共有、アップロード
  • Microsoft OfficeスイートやAdobe Acrobat ReaderおよびProなどの幅広いファイル形式を保護

詳細

文書の作成時にセキュリティを設定

Check Point Capsuleでは、ビジネス文書は作成段階でシームレスに保護され、許可された社内のグループや個人または社外の組織に限定してアクセスを許可できるようになります。文書の作成時にセキュリティを設定できるため、ユーザによる意図せぬ機密データの共有を阻止することが可能です。

文書の作成者は、「誰」が文書にアクセス可能で、「どのような操作」を行えるかを指定できます。文書の権限は、「読み取り専用」から、電子透かしを使用した文書の分類や、印刷やスクリーン・ショットの撮影の防止などを行える「フル・アクセス」まで設定可能です。新たに作成した文書に対しデフォルトのセキュリティ・レベルを設定しておくことで、機密データの意図せぬ共有を防ぎ、安全性を維持できます。


社内外で文書のセキュリティを確保

Check Point Capsuleを導入すると、Mac OS/Windowsをベースとするシステムや、iOS/Androidを搭載したモバイル・デバイス上のアプリを通じて安全な文書にアクセスできます。
文書は、アクセス権や、読み取り、編集、印刷、分類の変更、画面印刷、コピー/貼り付けなどの権限設定や暗号化も可能で、機密データのセキュリティ強化を図れます。Check Point Capsuleなら、情報漏洩のリスクなしに文書を共有、アップロードすることが可能です。


高度な監査およびレポーティング

企業は、文書の使用状況を詳細に把握し、潜在的なデータ漏洩や不審なユーザ・アクションを容易に追跡できます。チェック・ポイントの管理プラットフォームの一機能として利用できるCheck Point SmartLog™には、文書のあらゆるアクティビティ・ログが表示されます。この機能により、管理者やセキュリティ担当者は、漏洩のリスクにさらされる可能性のあるデータをユーザや文書の監査証跡を通じて監視することが可能です。

仕様

サポートされているオペレーティング・システム
  • Microsoft Windows 10 (32/64ビット)
  • Microsoft Windows 8.1(32/64ビット)
  • Microsoft Windows 8 (32/64ビット)
  • Microsoft Windows 7 (32/64ビット)
  • Mac OS X 10.8, 10.9, 10.10, 10.11, 10.12 (ビューアのみ)


アプリケーションのサポート
  • Microsoft Office 2016 ( 32/64ビット)
  • Microsoft Office 2013 (32/64ビット)
  • Microsoft Office 2010 (32/64ビット)
  • Microsoft Office 2007 (32ビット)
  • Microsoft Office 2003 (32ビット)
  • Adobe Reader 8~11
  • Acrobat Pro 8および 9


ドキュメントの権限設定
  • 読み取り
  • 編集
  • 印刷
  • 分類の変更
  • 保護機能の解除
  • ユーザの許可設定の変更
  • 画面印刷
  • コピー/貼り付け


モバイル・プラットフォームのサポート
  • iOS5以上のバージョン(iPhoneおよびiPad)
  • Android 5 以上のバージョン


管理機能
  • オンサイト
  • Webベースの管理インタフェース
  • Active Directoryコネクタ
* Microsoft Office 2010(64ビット)および2013(32/64ビット)は最も一般的な利用シナリオに対応