Check Point Press Releases

チェック・ポイント、場所を問わず高度なセキュリティを実現する革新的なモバイル・ソリューション、Check Point Capsuleを発表

業務データとモバイル・デバイスを保護する包括的なセキュリティを提供

2014年11月14日

ゲートウェイからエンドポイントまでの包括的セキュリティを提供するチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 堀 昭一)は本日、業務データおよびモバイル・デバイスを、場所を問わず強力に保護する包括的なモバイル・ソリューション「Check Point Capsule」を発表しました。

チェック・ポイントは先ごろ、世界5ヶ国、700人以上のITプロフェッショナルを対象に、2014年度のモバイル・セキュリティ調査を実施しました。同調査では、回答者の実に半数以上が、社員の個人所有のモバイル・デバイスに保存された業務データを管理していると答えています。また回答者のほぼ全員(98%)が、社員が関係するモバイル・セキュリティ・インシデントの発生を懸念し、82%が、モバイル・セキュリティ・インシデントは2015年に増加すると予想しています。モバイル・デバイスの業務利用の急増は、IT担当者やセキュリティ担当者にとって従来からの大きな課題です。その主な理由としては、モバイル・デバイスのセキュリティ管理の難しさ、そして情報漏洩リスクの増大が挙げられます。データやデバイスの場所を選ばずシームレスなセキュリティを実現する包括的なモバイル・ソリューション、Check Point Capsuleがこれらの課題を解決します。

チェック・ポイントの製品担当バイスプレジデントであるドリット・ドール(Dorit Dor)は、「Check Point Capsuleは、チェック・ポイントが提供する先進のエンタープライズ・ソリューションと同等のセキュリティをモバイル・デバイスで実現するための製品です。モバイル・デバイスが広く普及した今日では、デバイスの種類やユーザの所在に関係なく、いつでもどこでも情報を保護できる手段が強く求められています。こうしたニーズに対応した、シームレスなアクセスとセキュリティを実現するマルチレイヤのモバイル・ソリューションを発表できることをうれしく思います。Check Point Capsuleにより、あらゆるモバイル・デバイス、あらゆる文書を、かつてない強力なセキュリティで場所を選ばず保護することができます」と述べています。

Check Point Capsuleは、次のようなマルチレイヤのセキュリティを提供する単一のソリューションです。

保護されたビジネス環境を構築: モバイル・デバイス全体を管理する手間を省きながら、デバイス上の業務データを保護できます。Check Point Capsuleは、保護されたビジネス環境をデバイス上に作成し、業務データを個人用のデータやアプリケーションから分離します。シンプルなユーザ・インタフェースから安全にビジネス・アプリケーションを起動し、業務用の電子メールやファイル、ディレクトリ、アドレス帳、スケジュールにワンタッチでアクセスできます。個人用のデータに影響が及ぶことはありません。

業務文書を保護: 文書自体にセキュリティを設定して、社内外の情報の漏洩を防止します。権限ユーザのみが、保護された文書に任意のデバイスからシームレスかつ透過的にアクセスできるようにすることで、場所を選ばず業務文書を保護します。

場所を問わずデバイスを保護: モバイル・デバイスが外部のネットワークに接続している場合でも、企業のセキュリティ・ポリシーが適用でき、外部の脅威からデバイスを保護します。Check Point Capsuleは、モバイル・デバイスのすべてのトラフィックをクラウドで検査し、不正なファイルやWebサイトへのアクセス、ボットによる被害などを防止します。最新の技術を採用したCheck Point Capsuleは、iOS、Android、Windows、Mac OSなど、幅広いデバイス・プラットフォームとオペレーティング・システムに対応しています。

Gotham Technology Groupの最高技術責任者を務めるケン・フェラン(Ken Phelan)氏は、「当社のお客様は、複雑化する一方のモバイル・デバイス管理という課題に悩まされ続けています。今回、この課題を解決するチェック・ポイントならではの成熟したソリューションが登場したことを心強く思っています」と述べています。

Enterprise Strategy Groupのシニア主席アナリストであるジョン・オルトシック(Jon Oltsik)氏は、「昨今では、個人所有のデバイスを業務利用するBYODの導入や、業務プロセスの効率化のためにモバイル・デバイスを活用する企業が増えています。しかし、これまでIT運用を部分的に支援する単機能型のツールはあっても、企業での運用に対応したモバイル・セキュリティ・ソリューションは存在していませんでした。Check Point Capsuleは、こうした現状を一新する新しい製品で、ビジネス環境におけるモバイル・セキュリティの課題解決に効果を発揮します。脅威対策、文書レベルのデータ・セキュリティ制御、きめ細かなアクセス制御を統合したほぼ唯一のモバイル・セキュリティ製品であるCheck Point Capsuleを導入すれば、セキュリティ・リスクを最小限に抑えながら、モバイル・デバイスによる業務の効率化を促進できます」と述べています。

「革新的な次世代モバイル・セキュリティ・ソリューションであるCheck Point Capsuleは、モバイル・デバイスを安全に業務利用するために必要な保護を提供します。モバイル・デバイスの業務利用は、今後も増加の一途を辿るものと予想されます。Check Point Capsuleは、そうしたニーズに応え、チェック・ポイントが提供する先進のエンタープライズ・ソリューションと同等のセキュリティをモバイル・デバイスで実現します」とドールは述べています。

Check Point Capsuleの詳細については、http://www.checkpoint.co.jp/capsule/をご覧ください。

受注開始時期:
Check Point Capsuleは発表同日から受注が開始され、各国のチェック・ポイント正規販売代理店を通じて購入することができます。
詳細については、https://www.checkpoint.co.jp/form/inquiry.htmlへお問い合わせください。

チェック・ポイントの最新情報:
Twitter: www.twitter.com/checkpointjapan
Facebook: https://www.facebook.com/checkpointjapan
YouTube: http://www.youtube.com/user/CPGlobal

Check Point Software Technologies Ltd.について

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ・リミテッド(www.checkpoint.com)は、インターネット・セキュリティにおけるトップ企業として、セキュリティの複雑さと総所有コスト(TCO)を低減しつつ、あらゆるタイプの脅威からお客様のネットワーク環境を確実に保護するための妥協のないセキュリティ機能を実現しています。チェック・ポイントは、FireWall-1と特許技術のステートフル・インスペクションを開発した業界のパイオニアです。チェック・ポイントは、革新的セキュリティ技術であるSoftware Bladeアーキテクチャをベースとした一層の技術革新に努めています。Software Bladeアーキテクチャは、導入先に合わせカスタマイズすることで、あらゆる組織のセキュリティ・ニーズにも的確に対応できる、柔軟でシンプルなソリューションの構築を可能にします。チェック・ポイントは、技術偏重から脱却してセキュリティをビジネス・プロセスの一環として定義する唯一のベンダーです。チェック・ポイント独自のビジョン3D Securityは、ポリシー、ユーザ、実施という3つの要素を統合して情報資産の保護を強化し、導入環境のニーズに合わせて高度なセキュリティを確保できるようにします。チェック・ポイントは、Fortune 100社およびGlobal 100企業の全社を含む、何万ものあらゆる規模の企業や組織を顧客としています。数々の受賞歴のあるチェック・ポイントのZoneAlarmソリューションは、世界中で何百万にも及ぶお客様のPCをハッカー、スパイウェア、および情報窃盗から未然に保護しています

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの全額出資日本法人、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社は、1997年10月1日設立、東京都新宿区に拠点を置いています。