Check Point Press Releases

チェック・ポイント、ビジョンの完成性と実行能力が評価されUTM市場のリーダーに位置づけられる

ガートナー社の「Magic Quadrant for Unified Threat Management」において今年で4年連続となるリーダー・クアドラントに選出

2014年9月3日

ゲートウェイからエンドポイントまでの包括的セキュリティを提供するCheck Point® Software Technologies Ltd.(インターナショナル本社:イスラエル、会長兼CEO:ギル・シュエッド)は本日、米調査会社ガートナー社の2014年度「Magic Quadrant for Unified Threat Management(UTM)」(*1)において、チェック・ポイントが今年もリーダー・クアドラントに位置づけられたと発表しました。チェック・ポイントが同リーダー・クアドラントに位置づけられるのは、今年で4年連続となります。チェック・ポイントは今年初めにも、同社の2014年度「Magic Quadrant for Enterprise Network Firewalls」(*2)において、1999年以来連続となるリーダー・クアドラントに位置づけられています。両Magic Quadrantにおけるリーダー・クアドラントとしての選出は、業界の牽引役として幅広い企業のお客様に包括的なネットワーク・セキュリティ・ソリューションを提供してきたチェック・ポイントが高く評価されている証と言えます。

チェック・ポイントの製品管理担当バイスプレジデントであるガビ・ライシュ(Gabi Reish)は、「データ侵害やセキュリティ脅威に伴うコストは、企業の規模を問わず増加しています。中でもサイバー犯罪のリスクにさらされやすいのは、リソース不足によりセキュリティ対策が不十分になりがちな中小規模の企業です。あらゆる規模の企業や環境に最高レベルのセキュリティを提供することを使命としている当社としては、今回ガートナー社の「Magic Quadrant for Unified Threat Management」において、4年連続となるリーダー・クアドラントに位置づけられたことを大変光栄に思います」と述べています。

ガートナー社では、UTMのリーダー・クアドラントを、「中規模企業の要件に合わせたUTM製品の開発、販売において業界をリードしている」、「開発している製品は、中規模企業の利用シナリオに対応する幅広いモデル、さまざまな機能のサポート、使い勝手の良い管理、レポート機能を備えている」、「利便性の低下や管理スタッフの負担増大を招かず、低コストで新しい保護機能を導入できるようにし、市場を牽引している」、「開発したセキュリティ製品の脆弱性回避において高い実績を上げている」、「優れた信頼性、安定したスループット、直感的に管理できる製品を有している」という条件を満たす企業と位置づけています。

チェック・ポイントは、中堅・中小企業(SMB)や支社・支店環境に必要なパフォーマンスを備えた業界最高水準のセキュリティ製品を投入して、UTMアプライアンス市場を牽引しています。これらの強力なエンタープライズ・レベルのセキュリティ・ソリューションは低価格な製品でありながら、別のハードウェアや脅威管理ソリューションを追加することなく柔軟にカスタマイズ可能で、あらゆるビジネス要件に対応できます。チェック・ポイントのUTMアプライアンス・シリーズは、Check Point 600シリーズCheck Point 1100シリーズCheck Point 2200アプライアンスCheck Point 4000シリーズなどで構成されます。さらに、多層防御のセキュリティを実現するNext Generation FirewallNext Generation Threat PreventionNext Generation Data Protection、およびNext Generation Secure Web Gatewayといった事前定義済みのセキュリティ・パッケージ4種も用意されています。

チェック・ポイントの幅広いアプライアンス製品の詳細については、http://www.checkpoint.co.jp/products/appliances/をご覧ください。

ガートナー社の「Magic Quadrant for Unified Threat Management」の詳細については、http://www.checkpoint.co.jp/products/promo/gartner-utm-2014/をご覧ください。

(*1)Gartner, Magic Quadrant for Unified Threat Management, Jeremy D’Hoinne, Adam Hils, Greg Young, August 7, 2014, ID Number: G00261973

(*2)Gartner Magic Quadrant for Enterprise Network Firewalls by Greg Young, Adam Hils, Jeremy D’Hoinne, April 15, 2014, ID Number: G00258296

チェック・ポイントの最新情報:
Twitter: www.twitter.com/checkpointjapan
Facebook: https://www.facebook.com/checkpointsoftware
YouTube: http://www.youtube.com/user/CPGlobal

Check Point Software Technologies Ltd.について

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ・リミテッド(www.checkpoint.com)は、インターネット・セキュリティにおけるトップ企業として、セキュリティの複雑さと総所有コスト(TCO)を低減しつつ、あらゆるタイプの脅威からお客様のネットワーク環境を確実に保護するための妥協のないセキュリティ機能を実現しています。チェック・ポイントは、FireWall-1と特許技術のステートフル・インスペクションを開発した業界のパイオニアです。チェック・ポイントは、革新的セキュリティ技術であるSoftware Bladeアーキテクチャをベースとした一層の技術革新に努めています。Software Bladeアーキテクチャは、導入先に合わせカスタマイズすることで、あらゆる組織のセキュリティ・ニーズにも的確に対応できる、柔軟でシンプルなソリューションの構築を可能にします。チェック・ポイントは、技術偏重から脱却してセキュリティをビジネス・プロセスの一環として定義する唯一のベンダーです。チェック・ポイント独自のビジョン3D Securityは、ポリシー、ユーザ、実施という3つの要素を統合して情報資産の保護を強化し、導入環境のニーズに合わせて高度なセキュリティを確保できるようにします。チェック・ポイントは、Fortune 100社およびGlobal 100企業の全社を含む、何万ものあらゆる規模の企業や組織を顧客としています。数々の受賞歴のあるチェック・ポイントのZoneAlarmソリューションは、世界中で何百万にも及ぶお客様のPCをハッカー、スパイウェア、および情報窃盗から未然に保護しています。

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの全額出資日本法人、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社は、1997年10月1日設立、東京都新宿区に拠点を置いています。