Check Point Press Releases

チェック・ポイント、圧倒的なセキュリティ・パフォーマンスを実現する高速ネットワーク向けの新モジュールを発表

新セキュリティ・ゲートウェイ・モジュールにより、61000セキュリティ・システムで最大400 Gbpsのスループットを実現

2014年1月30日

ゲートウェイからエンドポイントまでの包括的セキュリティを提供するチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 本富顕弘)は本日、61000セキュリティ・システム向けの新しいセキュリティ・ゲートウェイ・モジュール「SGM260」を発表しました。61000セキュリティ・システムは、データセンターや通信事業者、クラウド・サービス・プロバイダ向けに開発されたセキュリティ・ソリューションです。最先端のセキュリティ技術と拡張性に優れたパフォーマンスを特徴とし、業界最速の性能を誇ります。SGM260は、この61000セキュリティ・システムのパフォーマンスをさらに一段上のレベルへと引き上げ、従来比で2倍となる最大400 Gbpsのファイアウォール・スループット、最大130 GbpsのIPSスループットを実現します。またSecurityPower™ Units(SPU)も最大33,000と2倍以上の性能を実現します。

チェック・ポイントの製品管理担当バイスプレジデントであるガビ・ライシュ(Gabi Reish)は、「多くの組織では、セキュリティとネットワーク・スピード両要件に対する優先度について難しい選択に直面していますが、今日の高速ネットワーク環境を確実に保護するためには、そのどちらも両立させることが必要です。チェック・ポイントのハイエンド製品である61000セキュリティ・システムにSGM260を追加すると、次世代データセンターの保護に不可欠なパワー、拡張性、パフォーマンスのすべてを実現できます」と述べています。

SGM260を実装すると、パフォーマンスが向上するだけでなく、ポート密度を業界最高レベルにまで高め、より多くのネットワーク・セグメントに対応できるようになります。これにより、チェック・ポイントの高度なセキュリティ技術を、ネットワーク固有のニーズに応じて柔軟に導入することが可能となります。また61000セキュリティ・システムは、チェック・ポイントの定評あるSoftware Bladeアーキテクチャに基づいているため、幅広いセキュリティ機能を自由に組み合わせて多層防御を実現できます。例えば、Firewall Software BladeIPSEC VPN Software BladeIPS Software BladeApplication Control Software BladeIdentity Awareness Software BladeURL Filtering Software BladeAnti-Spam & Email SecurityAntivirus Software BladeAnti-Bot Software BladeDLP Software BladeMobile Access Software BladeThreatCloud Emulation Service などのセキュリティ機能を組み合わせることができます。

SGM260の主な特徴:
  • 最大33,000 SPUにまで強化された比類ないパフォーマンス
  • 最大400 Gbpsのファイアウォール・スループット、最大130 GbpsのIPSスループット
  • 2億以上の同時接続に対応
  • ポート密度は10GbE×60、40GbE×8まで拡張でき、大規模データセンターやプライベート・クラウド環境の接続要件に対応可能
  • SGM260はダウンタイムなしで61000セキュリティ・システムのシャーシに装着できるため、スムーズなパフォーマンス拡張が可能

製品の機能や仕様については、http://www.checkpoint.co.jp/products/61000-appliances/index.htmlをご覧ください。

受注開始時期:
SGM260は、発表同日から受注が開始されます。詳細については、
http://www.checkpoint.co.jp/campaigns/sgm260/index.htmlへお問い合わせください。

チェック・ポイントの最新情報:
Twitter: www.twitter.com/checkpointjapan
Facebook: https://www.facebook.com/checkpointsoftware
YouTube: http://www.youtube.com/user/CPGlobal

Check Point Software Technologies Ltd.について

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ・リミテッド(www.checkpoint.com)は、インターネット・セキュリティにおけるトップ企業として、セキュリティの複雑さと総所有コスト(TCO)を低減しつつ、あらゆるタイプの脅威からお客様のネットワーク環境を確実に保護するための妥協のないセキュリティ機能を実現しています。チェック・ポイントは、FireWall-1と特許技術のステートフル・インスペクションを開発した業界のパイオニアです。チェック・ポイントは、革新的セキュリティ技術であるSoftware Bladeアーキテクチャをベースとした一層の技術革新に努めています。Software Bladeアーキテクチャは、導入先に合わせカスタマイズすることで、あらゆる組織のセキュリティ・ニーズにも的確に対応できる、柔軟でシンプルなソリューションの構築を可能にします。チェック・ポイントは、技術偏重から脱却してセキュリティをビジネス・プロセスの一環として定義する唯一のベンダーです。チェック・ポイント独自のビジョン3D Securityは、ポリシー、ユーザ、実施という3つの要素を統合して情報資産の保護を強化し、導入環境のニーズに合わせて高度なセキュリティを確保できるようにします。チェック・ポイントは、Fortune 100社およびGlobal 100企業の全社を含む、何万ものあらゆる規模の企業や組織を顧客としています。数々の受賞歴のあるチェック・ポイントのZoneAlarmソリューションは、世界中で何百万にも及ぶお客様のPCをハッカー、スパイウェア、および情報窃盗から未然に保護しています。

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの全額出資日本法人、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社は、1997年10月1日設立、東京都新宿区に拠点を置いています。