新たなアプリケーション・サービス事業のセキュリティ・インフラストラクチャとしてUTM-1を採用

株式会社ソーキは、高い信頼性が求められる分野の自動測量・測定機器を取り扱う日本の企業です。ソーキは、顧客が利用するアプリケーションおよび自社の IT インフラストラクチャを保護する目的で、中核となるセキュリティ機能(ファイアウォール、アンチウイルス、アンチスパイウェア、SSL VPN および侵入防御)を搭載するチェック・ポイントの統合脅威管理(UTM)アプライアンス、UTM-1 をデータセンターに導入しました。さらに、小規模環境向けの UTM アプライアンスである Safe@Office の導入により、拠点間ネットワークのセキュリティ向上も実現しています。

この導入事例で満たされた要件:
  • 顧客からの安全なリモート・アクセスを実現する。
  • 統合ゲートウェイ・セキュリティ・システムを低コストで構築する。
  • 運用負担を軽減する。
  • すべての顧客に対し、統一されたセキュリティ環境を提供する。