チェック・ポイント・エンドポイント・セキュリティで実現した検疫ネットワーク

発電用ガスタービンや火力/原子力タービンなどエネルギー・プラントを支える大型回転機械を製造する三菱重工高砂製作所は、エンドポイント・セキュリティの強化をめざし、Check Point Endpoint Security (旧製品名 Integrity)による検疫ネットワークを構築しています。同ソリューションの導入により、クライアント端末は日々変化する脅威に対して最善のセキュリティ環境が維持され、不正な通信プログラムによる情報流出など脅威の 防止に十分な効果を発揮しています。

この導入事例で満たされた要件:
  • クライアント端末のセキュリティ強化
  • Windows Update とウイルス・チェック・ソフトの定義ファイル更新の徹底
  • 不正な通信プログラムの監視・制御